カズ イニエスタに仰天リクエスト「僕にもパスを下さい!」

[ 2020年2月15日 05:30 ]

開幕戦での健闘を誓う横浜FCの三浦知良(右)と神戸のイニエスタ
Photo By スポニチ

 Jリーグは14日、都内で開幕前恒例のキックオフカンファレンスを開催した。23日の開幕戦で激突する横浜FCの元日本代表FW三浦知良(52)と元スペイン代表MFイニエスタ(35)の豪華2ショットが実現。カズは早速、世界に誇るパサーに「僕にもパスを下さい!」と仰天リクエストを繰り出した。

 カズは、やはりカズだった。開幕カードごとに並ぶ壇上で、イニエスタとの豪華2ショットが実現した。互いに尊敬するスーパースター同士。打ち解けるのにさほど時間は必要なかった。すかさず堪能なポルトガル語とイタリア語を織り交ぜ、話しかける。神戸での食事まで約束すると、最後には軽妙なトークで宣戦布告した。

 「最後に言っときましたよ。(開幕戦では)僕にもパスを下さい!って。間違えないようにするって言ってましたけど(笑い)」

 イニエスタといえば世界的なパサー。パスを出す際の視野などに話題が及んだ時、カズはすかさず仰天リクエストをぶつけた。昨年11月、J1昇格を決めた際は「イニエスタの股を抜きたいね」と話したが「その話は出ませんでしたね。失礼ですよね」と苦笑した。この日は一転、“チャンスボール”をおねだりしてみせた。 

 心配された左臀部(でんぶ)痛も光明が見えてきた。宮崎キャンプ終盤に再発した患部は帰京後、半日かけて細部まで検査。セカンドオピニオンも求め、2~3人の医師に確認した結果も「大きな問題はなかった」と言う。既に練習も再開。15日に部分合流し、来週からは完全合流する予定という。

 壇上で唯一、スパイク姿だったカズは「気合が入り過ぎた」と笑わせた。イニエスタとは控室でも神戸の生活、日本サッカー、ACLなど話題が尽きなかった。ますます楽しみな開幕戦。「スペシャルな一日。神戸行きの新幹線に乗れるよう頑張ります」。52歳のカズダンスは見られるか。世紀の直接対決が待ち切れない。 

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月15日のニュース