ボローニャ冨安 追加点の起点に!フル出場で勝利貢献

[ 2020年1月27日 05:30 ]

セリエA   ボローニャ3―1SPAL ( 2020年1月25日 )

SPAL戦の前半、競り合うボローニャの冨安(左)
Photo By 共同

 ボローニャの日本代表DF冨安は右サイドバックとしてフル出場。2―1で迎えた後半18分に追加点の起点となるなど、敵地での勝利に貢献した。

 試合後、記者会見に応じたデ・レオ戦術担当コーチは「先制されてから、精神的にもすぐに仕切り直そうとしたのが良かった」と振り返るとともに、長友獲得が噂されるチームの補強について「監督とフロントは中長期的な視野で戦力を見極めている」とだけ話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月27日のニュース