ガンバ宇佐美 3戦連発!充実の沖縄1次C打ち上げ「ケガなくやりきれたのは満足」

[ 2020年1月23日 05:30 ]

練習試合   G大阪2―1長崎 ( 2020年1月22日    タピック県総ひやごんスタジアム )

沖縄1次キャンプで3戦連発締めをしたG大阪FW宇佐美
Photo By スポニチ

 エースが3戦連発で沖縄1次キャンプを打ち上げた。G大阪は22日、J2長崎と練習試合(45分×2本)。1―1の後半20分、ゴール前の混戦からFW宇佐美が決勝点を挙げた。

 海邦銀行(15日)、沖縄SV戦(18日)に続く得点。「大事なのはシーズンが始まってから。今、得点が取れていても何とも思わない。ただ、この時期にしては体は動けています」。前半45分には絶妙なCKで遠藤の先制点も演出した。今季初のフル出場。「90分間プレーできてフィジカル的にも良かったと思うし、個人的にはケガなくやりきれたのは満足」と充実の10日間を振り返った。

 25日からは沖縄2次キャンプがスタートする。宮本監督は新戦術のハイプレスサッカーの成熟とともに「決め切るところ。きょうもチャンスを逃したシーンがあった。勝ち点3を拾っていくために、そこはこだわりたい」と得点力アップをテーマに掲げる。その中心になるのは、言うまでもなく宇佐美。9年ぶりのリーグ開幕勝利を手にするためにも、さらに状態を上げていく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月23日のニュース