マジョルカ久保 好機演出も…香川との日本人対決に敗れ地元紙「監督のサッカーに合っていない」

[ 2020年1月23日 05:30 ]

スペイン国王杯3回戦   マジョルカ1―3サラゴサ ( 2020年1月21日 )

<スペイン国王杯3回戦>サラゴサ戦の前半、競り合うマジョルカの久保建(右)
Photo By 共同

 マジョルカの日本代表MF久保もフル出場したが、日本人対決に敗れた。マジョルカ公式ツイッターで試合前の2人のやりとりが動画で公開されるなど注目された中、久保も香川同様にトップ下でプレー。チームメートからボールが集まり、得意のドリブルで好機を演出した。前半44分には右サイドをドリブル突破し、前線へ鋭いパスを供給したがゴールにはつながらなかった。

 19日のバレンシア戦はリーグ9戦ぶりに先発を外れ、休養は十分だったが、結果は出ず。地元スペインのアス紙は「パスでコンビネーションを仕掛けるも、味方のミスで続かず、監督のサッカーに合っていないようだ」と厳しい評価を下した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月23日のニュース