長崎FW玉田、J1昇格へ今季は楽しむ!「昇格、昇格言いすぎた」昨季を反省

[ 2020年1月21日 18:17 ]

 沖縄キャンプ中のJ2長崎は21日、FC東京との練習試合を行った(45分×2本)。多くの選手を起用する中、主力のFC東京相手に1―0の勝利。手倉森監督も満足げな表情を浮かべた。

 前半、牽引したのは元日本代表FW玉田圭司(39)。シャドーの位置で何度もボールを引き出し、攻撃を活性化させた。

 「去年は昇格、昇格言いすぎたからね。それで上手くいかなかった部分もあるので今シーズンは“楽しむ”ことを目標に掲げるよ」

 決して“個”に走っているわけではない。昨季は35試合7得点を挙げたが、チームは昇格プレーオフにも進出できなかった。「そうすることの方が結果も出やすいんじゃないかと思っている」。玉田が楽しんでプレーすることができれば、それだけチームにも好循環が生まれるはずだ。

 昨年のアジリティーテストではチームトップの数値。食事でも飲酒を控えるなど、その高いプロ意識には手倉森監督も舌を巻く。今年、不惑。まだまだ健在のレフティーは「ENJOY FOOTBALL」でチームを勝利に導いていく構えだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月21日のニュース