東京V大久保 背番「13」で昇格導く!2年ぶり“代名詞”に笑顔「戻ってきた感じ」

[ 2020年1月21日 05:30 ]

東京V新体制発表会見で新加入のあいさつをする大久保。左は永井監督(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 J2東京Vの新体制発表会見が20日、都内で開かれ、磐田から移籍した元日本代表FW大久保嘉人(37)がJ1昇格を誓った。「伝統のあるクラブに加入できてうれしい。昇格できるようにチーム一丸となってやりたい」。背番号は川崎Fで3年連続得点王に輝いた時と同じ13番に決定。「2年ぶりかな。戻ってきた感じ」と笑顔を見せる。

 既に10日から始動し、連日2部練習をこなし、仕上がりも早い。チームにも溶け込み「若い選手にいろいろと伝えたい」と、気合も入る。国見高の先輩でもある永井秀樹監督(48)も「J2はそんなに甘くないが、ヨシト(大久保)ら経験がある選手が多く楽しみ」と、チームのけん引役としての期待を寄せた。また、クラブスローガンは「GO BEYOND新たな時代へ」に決まった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月21日のニュース