シントトロイデン移籍の松原、清水へ活躍で恩返しを!「もっと高いステージへ」

[ 2020年1月21日 20:31 ]

海外挑戦に意気込む松原
Photo By スポニチ

 J1清水からベルギー1部・シントトロイデンに完全移籍が内定したDF松原后(23)が21日、静岡市内で記者会見した。

 プロ入り前から抱いていた海外挑戦の夢が実現。浜松開誠館から加入して5季プレーした清水への愛着やサポーターへの感謝の意を示しながら「恩返し」の活躍を誓った。

 22日に日本を出発し、メディカルチェックを経て正式契約の運び。「楽しみです。攻撃的なプレーや、攻守の切り替え、90分間走り抜く運動量で、まずは試合に出られるように」。新天地でも清水同様、攻撃的なサイドバックとして勝負する構え。

 「まずはシントトロイデンのために全力を尽くし、個人的にもレベルアップして、もっと高いステージに進んでいければ」。

 清水の同期で昨夏、オーストリア1部ラピド・ウィーンに移籍したFW北川航也(23)にも移籍内定も報告したという。「お互いによりレベルアップすれば、対戦の可能性もあると思います」。切磋琢磨(せっさたくま)も成長の支えとなるはずで「日本代表に入ることができるように」と新たなスタートに向かう。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月21日のニュース