小川佳純が現役引退、関西1部・ティアモ枚方の新監督就任 巻佑樹GMと“再コンビ”

[ 2020年1月17日 15:08 ]

昨季まで新潟でプレーした小川佳純。現役引退し、FCティアモ枚方の新監督に就任する
Photo By スポニチ

 関西1部FCティアモ枚方は17日、昨季限りでJ2新潟を退団したMF小川佳純(35)の監督就任と、昨季J2京都の強化部に在籍した巻佑樹氏(35)のゼネラルマネジャー就任を発表した。小川新監督は現役を引退し、専任指揮官となる。

 小川監督はクラブHPで「この度、2020シーズンよりFC TIAMO枚方 TOPチームの監督に就任することになりました、小川佳純です。監督というオファーをしていただけたことを非常に嬉しく光栄に思います。選手時代に培った経験を、最大限に発揮し、見ていてワクワクしてもらえるような攻撃的なサッカーを目指して頑張ります」とコメント。

 巻新GMも「今回、GMという立場でFC TIAMO枚方に関わらせて頂くにあたって、ティアモに関わる全ての人がワクワクするようなチーム作りに着手したいと思いますし、サッカーに関心をもつ方達がティアモから目を離せなくなるようなチーム作りを目指していきたいと思います。更には、自分自身の経験、在籍しているスタッフ・選手の経験を生かし、ティアモの未来、日本サッカーの未来を担っていくようなスケールの大きな若手選手の発掘、育成に取り組んでいきたいと思います」と名古屋時代の12年以来となる小川監督とのコンビ“再結成”に意気込んだ。

 将来的なJリーグ参入を目指すティアモは昨年、全国地域サッカーチャンピオンズリーグの1次ラウンドで敗退。JFL昇格が届かなかった。シーズン終了後に辻本茂輝監督の退任が発表されていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月17日のニュース