J3降格の岐阜にFW高崎寛之が完全移籍「僕は昇格を3回経験しています」J2復帰に意欲

[ 2020年1月17日 16:25 ]

 J2最下位でJ3に降格した岐阜は17日、2019年シーズン限りでJ1の松本(今季はJ2)と契約満了になっていたFW高崎寛之(33)が完全移籍で加入すると発表した。

 茨城県出身の高崎は古河第三高、駒沢大を経て2008年にJ1浦和入り。その後、J2水戸、J2甲府、J2徳島、J1鹿島、J1山形を経て2016年途中から松本でプレーしていた。リーグ戦の通算成績はJ1が92試合10得点、J2が217試合68得点。2019年シーズンはJ1で18試合0得点だった。

 高崎はクラブを通じてコメントを発表。「僕は昇格を3回経験しています。J3の舞台は初めてですが、J2復帰のために自分の持っている力を全て出したいと思います。応援よろしくお願いします」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月17日のニュース