南葛SC、福西崇史監督が退任 関東リーグ昇格逃すも「かけがえのない経験させていただいた」

[ 2019年11月11日 17:55 ]

元日本代表MFの福西崇史氏
Photo By スポニチ

 サッカー東京都社会人1部リーグの南葛SCは11日、元日本代表MFの福西崇史監督(43)と契約期間満了に伴い来季の契約を更新しないことで合意したと発表した。

 南葛SCは今季の東京都社会人サッカーリーグ1部で16チーム中7位に終わり、目標としていた関東サッカーリーグ2部昇格を逃した。福西監督はクラブを通じて「1年間たくさんの応援ありがとうございました。チームの目標であった昇格がかなわず、本当に悔しいです。ただ、自分にとってかけがえのない経験をさせていただきました。南葛SCの今後の活躍と共に来シーズンの昇格を願っています」と談話を発表した。

 福西監督は02、06年W杯に出場するなど代表通算64試合7得点。18年夏に南葛SCで現役復帰し、今季から監督に就任していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月11日のニュース