鹿島MF三竿が練習参加 左太腿の回復順調「行ける状態」

[ 2019年10月21日 05:30 ]

鹿島のMF三竿
Photo By スポニチ

 先月14日に左ハムストリング筋を損傷して全治6週間と診断された鹿島のMF三竿が、順調な回復ぶりを見せた。

 オフ明けのこの日は、松本戦(18日)に先発したリカバリー組を除いて行った、対人の少ないメニューに参加。まだ完全合流ではないが、23日の天皇杯準々決勝・ホンダFC戦、そして来月2日の浦和戦に向け「“行け”と言われたら行ける状態。完全な状態ではないけど、試合はできる状態にほぼ近づいてきている」と話す。不在の間、チームは2勝4分け1敗と停滞気味。復調のカギを握るボランチの復帰が近づいてきた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月21日のニュース