湘南 チョウ監督が辞任の意向、パワハラで出場資格停止処分

[ 2019年10月8日 10:59 ]

J1湘南のチョウ貴裁監督
Photo By スポニチ

 選手やスタッフへのパワハラ行為があったとしてJリーグから公式戦5試合の出場資格停止などの処分を受けたJ1湘南のチョウ貴裁監督(50)が辞任の意向を固めたことが8日、関係者の話で分かった。クラブは指揮の継続を要請していたが、本人の意志が固く、新監督の選定を進めている。

 Jリーグは匿名の通報を受けて約60人の関係者から聞き取り調査を実施し、4日に処分を発表した。同日に記者会見したチョウ監督は、現場復帰について「僕がこうしたい、ああしたいということをこの場で申し上げても、全く説得力がない」と態度を保留していた。

 チョウ監督はJ2時代の2012年に就任し、今季が8年目。昨季はYBCルヴァン・カップ初優勝に導いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月8日のニュース