久保 代表合流2日目 長距離移動も「これが代表なのかなという感じ」

[ 2019年10月8日 20:45 ]

<サッカー日本代表練習>笑顔の久保(中)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 日本代表MF久保建英(18=マジョルカ)が8日、さいたま市内で合宿を張る森保ジャパンでトレーニング2日目を迎えた。22年W杯カタール大会アジア2次予選モンゴル戦(10日、埼スタ)と同タジキスタン戦(15日、ドゥシャンベ)に臨む。

 久保は前日、羽田空港に到着するとその足で合宿に合流。強行軍だったため全体練習には間に合わなかったが、トレーナーを従えて30分ほど汗を流した。2日目となったこの日はフルメニューを消化するなど元気な姿を披露した。

 長距離移動で心配されるコンディション面については「時差ボケというところでも着いた日に運動した方がいいと聞きますし、そういった意味で今日もしっかり練習ができてコンディションを少しでも高められる方がいいのかな」と問題ないことを強調。その上で「これが代表なのかなという感じ。環境を変えるのも一つのリラックスになるし、代表は代表、チームはチームと割り切ってやれるのもいいことだと思う」と話した。

 また、ラグビーW杯についても言及。「自分も日本代表の試合も見ましたし、他の試合も見ました」とスペインでもリアルタイムで放送があるくらいに盛り上がっていることを明かし、「サッカーだけでなく、いろんな競技が一緒になって日本を盛り上げるのは非常にいいこと。個人的にもラグビーが好きですし、自分がどうこう言えることじゃないが、いつも楽しみにしているというか活躍を願っています」と笑顔を見せた。

 ジャパンの推しメンを訊かれると、少し考えた末に「特にお気に入りとかいうのも失礼だと思うので」としつつ、続けて「言わないですけど、いるにはいますね」と答えて報道陣の笑いを誘った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月8日のニュース