横浜 首位FC東京と1差 最終節には直接対決 畠中「勝ってやろうという気持ちで臨んでいきたい」

[ 2019年10月5日 18:07 ]

J1 第28節   横浜2―0磐田 ( 2019年10月5日    ヤマハ )

<磐田・横浜>試合後にサポーターと喜びを分かち合う横浜イレブン
Photo By スポニチ

 横浜がついに首位FC東京の背中をとらえた。気温28度を超える厳しい条件で強い日差しを浴びて体力を消耗し、終盤は足をつる選手が続出。それでも全員が粘り強く体を張って相手に得点を許さず、主将のMF扇原は「内容がよくない中で勝ち点3を取れたことにチームの成長を感じる」とうなずいた。

 首位FC東京との差は勝ち点1に縮まり、優勝争いは熱を帯びてきた。DF畠中は「FC東京とは最終節に直接対決もある。緊張感はあるけど、勝ってやろうという気持ちで臨んでいきたい」と力を込めた。 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月5日のニュース