C大阪 MFデサバト 長期離脱の可能性も 代役ソウザ「常に出られる準備はしないと」

[ 2019年10月2日 05:00 ]

 さらなる浮上へ、正念場だ。C大阪は1日、大阪市此花区でトレーニングを再開。前節G大阪戦で5連勝を飾り4位に浮上したものの、首の痛みによりダービーを欠場したMFデサバトは練習に姿を見せなかった。ダブルボランチの一角として欠かせない存在ながら、頸部にヘルニアを患っている疑いがあり、長期離脱を強いられる可能性が出てきた。

 治療のために手術を選択すれば、今季中の復帰も微妙になってくる。ただ、前節では代役として出場したMFソウザが活躍し、この日の練習後には「仲間がケガをするのは純粋に悲しいことだけど、サッカーにケガは付きもの。常に出られる準備はしないといけない」と語った。次節は2位鹿島との大一番。来季のACL出場権を獲得するためには、絶対に落とせない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月2日のニュース