神戸FWポドルスキ 戦列復帰は9月以降へ フィンク監督「週明け合流」明かすも…

[ 2019年8月9日 19:46 ]

神戸のFWポドルスキ
Photo By スポニチ

 ドイツに一時帰国している元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)の戦列復帰が、9月以降にずれ込む見通しとなった。「真珠腫性中耳炎」を患い、6月12日に母国で手術。再来日が遅れていた背番号10に関して、フィンク監督が9日の練習後、週明けの12日か13日に日本へ戻ることを明かした。

 「週明けには合流する。ただ、サッカーをするためのフィットネスに上げるのは、何週間も先になると思う。まず彼に来てもらって、状態をチェックして、どれぐらいかかるかを判断したい。似たような(ケースの)話を聞いた中では(復帰まで)4週間ぐらいかかると聞いている」

 当初は7月中に日本へ戻る予定だったものの、飛行機移動には医師の許可が必要なことに加え、コンディションも低下していることからドイツ滞在が長引いていた。再来日してチームに合流した後、徐々に状態を上げていくことになる。

 今季は8試合出場2得点。5月26日の湘南戦を最後に、公式戦から遠ざかっている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月9日のニュース