ザルツブルク南野V弾 約40メートル独走!3得点絡んだ

[ 2019年4月2日 05:30 ]

オーストリア1部・上位プレーオフ   ザルツブルク5-1オーストリア・ウィーン ( 2019年3月31日 )

<ザルツブルク・オーストリア・ウィーン>後半、ゴールを決め喜ぶザルツブルクの南野(右)
Photo By 共同

 FW南野がリーグ7試合ぶりとなる今季5点目を決めるなど、3得点に絡んで大勝に貢献した。前半34分に先制点の起点となると、1―1の後半2分、勝ち越しゴールで流れを引き寄せた。最終ラインの裏に右サイドから抜け出し、約40メートルを独走すると、最後は右足で強烈なシュートをネットに突き刺した。29分には相手のファウルを誘発して、PKを獲得。味方のゴールにつなげた。39分に退いた勝利の立役者は「ゴールが近づいている感覚はずっとあった。それを(結果に)結びつけることができて良かった」と振り返った。

 3月は日本代表として親善試合2試合を戦い、クラブに戻ってすぐに存在感を示した。チームはリーグ6連覇へ向けて首位を走っている。「このゴールをきっかけに、もっと良くなっていけば」と、さらなる飛躍を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年4月2日のニュース