森保監督 横浜―鳥栖戦を視察 代表戦帰りの畠中、遠藤らを評価

[ 2019年3月30日 05:30 ]

明治安田生命J1第5節   横浜0―0鳥栖 ( 2019年3月29日    日産ス )

<横浜・鳥栖>視察に訪れた日本代表・森保監督(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 横浜―鳥栖戦を視察した日本代表の森保監督は畠中、U―22日本代表MF三好、遠藤らについて「限られた時間の中で疲労回復し、良いパフォーマンスをすることが求められる。覚悟を持って試合に向けて準備していると感じた」と評価。視察前にはアジア選手権予選から帰国したU―22日本代表スタッフと会議を持ったという。6月にA代表が臨む南米選手権は日本協会に拘束力がないためアンダー世代からの昇格も想定されるが、「ニュートラルに見て選考をしたい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年3月30日のニュース