香川 ボリビア戦先発確実!10番復権へ「勝つためにやる」

[ 2019年3月25日 05:30 ]

国際親善試合   日本―ボリビア ( 2019年3月26日    ノエスタ )

日本代表練習でパス回しのボールを追う香川(中央)(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 日本代表は24日、26日のボリビア戦に向け決戦の地ノエスタで練習を行った。0―1で敗れた22日のコロンビア戦から大幅な選手の入れ替えが予想される中、「10番」復権を目指すMF香川真司(30=ベシクタシュ)はトップ下で森保ジャパン初先発が確実。平成生まれで最初に日の丸をつけた香川が、出身地の神戸で真価を発揮して平成最後の代表戦を締めくくる。

 平成最後の代表戦を飾るのは、この男以外いない。08年5月24日のコートジボワール戦で、平成生まれ初のA代表デビューを飾った香川だ。ここ10年、サッカー界を本田らとともにリードしてきた象徴。期待される時代を締めくくるゴールに関しては「考えていなかった。書き手の皆さんに任せます!」と苦笑いを浮かべるものの、「結果が全て。最終的に絶対勝つというところを示していきたい」と結果への強いこだわりを示した。

 背番号10をつけての国際Aマッチは、ボリビア戦でちょうど80試合目。背番号10については「もう100回ぐらい聞かれている」とこれまた苦笑いも、「番号というより勝つためにやる。そこが一番大事だし誇り」と強調。「いつもの番号をつけて(試合に)出るのはありがたい。そこの期待に応えられるように。そういう番号だと思っている」ときっぱりと話した。復権へ、「10番」を長年背負ってきた香川にその覚悟は十分ある。

 イメージもできている。途中出場したコロンビア戦は既にVTRで分析。「攻撃のところは修正するために話をしました」と新戦力らとも積極的にコミュニケーションを図った。「周りの若い選手を自分が生かすことで、自分のストロングも出せると思う」。森保監督が期待する経験値を、若手に注入して自らも輝く“新スタイル”も頭に描く。

 神戸出身の香川にとって、ボリビア戦は地元での試合。ノエスタは13年2月6日のラトビア戦で2アシストを記録しており相性もいい。「久々に来ましたけど良いスタジアム」。香川が平成最後の代表戦で輝きを放ち、新たな時代の扉を開ける。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月25日のニュース