イタリア白星発進!再建へ若手躍動 19歳キーンが代表初先発で初ゴール

[ 2019年3月25日 05:30 ]

欧州選手権予選J組   イタリア2―0フィンランド ( 2019年3月23日 )

フィンランド戦でゴールを決め喜ぶイタリア代表FWキーン(AP)
Photo By AP

 W杯ロシア大会予選敗退から再建を目指すイタリアの若手が躍動した。

 22歳のMFバレラ(カリャリ)が前半7分に右足ミドルで代表初得点を決めると、FWキーン(ユベントス)が代表2試合目で初先発し、後半29分に初ゴール。19歳23日での得点は、1958年にFWブルーノ・ニコレがマークした18歳258日に次ぐ同代表2番目の年少記録でマンチーニ監督は「大きな伸びしろがある」と期待を寄せた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月25日のニュース