ユベントス・Cロナ、自画自賛ボレー チーム逆転負けに不満顔

[ 2018年11月9日 05:30 ]

欧州チャンピオンズリーグ1次L・第4節   ユベントス1―2マンチェスターU ( 2018年11月7日 )

ボレーシュートを決めたクリスティーノ・ロナウド
Photo By AP

 7日にE〜H組の8試合が行われ、H組首位のユベントスは、FWクリスティアーノ・ロナウド(33)の今大会初得点で先制したが、マンチェスター・ユナイテッドに1―2で逆転負け。開幕連勝は3で止まり、初黒星を喫した。

 C・ロナウドが古巣相手にスーパーゴールを決めた。0―0の後半20分、最終ラインからのロングパスを走りながら右足ボレー。鮮やかな先制弾を突き刺し「いいパスからの素晴らしいゴール」と自画自賛した。移籍後の欧州CL初得点で大会最多得点記録を121に更新。チームの逆転負けには「相手は何もしていない。(勝利を)プレゼントしてしまった」と不満顔だった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年11月9日のニュース