アーセナルの次期監督にPSG前監督のエメリ氏 今週末にも正式発表へ

[ 2018年5月22日 17:01 ]

 アーセン・ベンゲル監督(68)が今季限りで退任したプレミアリーグ・アーセナルの次期監督に、フランス1部のパリ・サンジェルマン前監督のウナイ・エメリ氏(46)が就任すると、英BBC放送や英紙サンなど複数の英メディアが21日付で報じた。

 これまで後任候補としてプレミアリーグ・マンチェスター・シティーでコーチを務めるミケル・アルテタ氏(36)の就任が有力視されていたが、英紙サンによれば、監督経験のないアルテタ氏の抜擢に選手から不安の声が上がり、CEOのイバン・ガジディス氏(53)が躊躇。経験のあるエメリ氏にターゲットを切り替えたという。

 エメリ氏は今週末にも正式に就任が発表される見通しで、すでにアーセナルの来季構想にも着手している。ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤン(28)とウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(27)を中心にチームを再編する意向だという。

 スペイン人のエメリ氏は、これまでバレンシアやスパルタク・モスクワ、セビージャ、パリ・サンジェルマンの監督を歴任。13年1月から指揮を執ったセビージャでは前人未到の欧州リーグ3連覇を達成したが、16年6月から率いたパリ・サンジェルマンではクラブが目標とする欧州チャンピオンズリーグ制覇に届かず、今シーズン限りで退任していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年5月22日のニュース