PR:

日本サッカー協会、悪質暴力行為にレッドカード 無期限入場禁止に

 日本サッカー協会は22日、昨年8月31日に埼玉スタジアムで開催されたワールドカップ(W杯)アジア最終予選・日本代表―オーストラリア代表戦において、北サイドスタンドで観戦していた2名による暴力行為があり、当該者に入場禁止処分を科したと発表した。

 日本協会は「今回の行為は『観戦ルール/マナー』および『試合運営管理規定』に明らかに違反する悪質なもの」と断罪。警備スタッフに対する暴力行為により深刻な怪我を負わせた1名については「日本サッカー協会主催試合への無期限の入場禁止」に、警備スタッフに対する威嚇行為及び暴力行為を行った1名については「2018年5月30日から2018年10月16日までに実施される日本サッカー協会主催試合(日本代表戦5試合を含む)への入場禁止」にしたとした。

 日本協会としては「誰もが安全に試合観戦のできる環境を提供することが責務であり、この度の違反行為を受け、セキュリティ体制強化やさらなる観戦ルールの周知徹底をしていく所存です」と強い姿勢を打ち出し、「日本代表戦を含む日本サッカー協会主催試合を観戦される皆様におかれましては、日本サッカー協会の定めるルールや注意事項を今一度ご確認いただき、これらを順守して楽しくご観戦くださいますよう、お願い申し上げます」としている。

[ 2018年5月22日 22:19 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月19日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム