FC東京「原たいち」平昌銅メダル“同姓同名”原大智から刺激

[ 2018年2月14日 05:30 ]

必勝祈願を終えて取材対応するFC東京のFW原
Photo By スポニチ

 今季ユースから昇格したFC東京のU―19日本代表FW原大智が明治神宮での必勝祈願後に、取材対応。

 前日に平昌五輪の男子モーグルで銅メダルを獲得した原とは面識こそないが、名前の読みが「たいち」と1文字違う同姓同名。東京五輪世代でもある1メートル89の大型ストライカーは「普通の人より親近感があってうれしい。自分も五輪でメダルを獲りたいと強く思った」と2年後の大舞台へ刺激を受けた様子だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年2月14日のニュース