Jリーグ、ライセンス制度を一部変更 3期赤字でも交付対象に

[ 2017年12月7日 05:30 ]

 Jリーグは6日、都内で社員総会を開き、クラブライセンス交付規則を一部変更した。従来は3期連続赤字で不交付となったがJ1とJ2に限り3期以上連続でも赤字額が純資産額を上回らなければ交付対象とする。クラブに積極投資を促進する狙いがあり債務超過は従来通り不交付となる。18年度(1〜12月)予算も承認。

 規模は本年度とほぼ同じで経常収益は267億5800万円、経常費用は273億300万円。リーグ開幕25周年の企画などで費用が5億円以上超過するが本年度に6億円ほど上回る見通しの収益で充当する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2017年12月7日のニュース