本田 開幕戦は出番なし…アップ命じられるも声掛からず

[ 2016年8月23日 05:30 ]

セリエA ACミラン3―2トリノ

(8月21日)
 今季開幕戦で、ACミランのMF本田は出場機会がなかった。

 ベンチスタートで、後半24分からアップを命じられたものの、途中出場のMFベルトラッチが負傷交代するアクシデントもあり、最後まで声は掛からず。取材エリアでは「お疲れさまです」とだけ言い残して会場を後にした。定位置争いのライバルであるスソが右FWで先発。試合はFWバッカがハットトリックし、GKドンナルンマが終了間際に相手のPKを止めて競り勝った。昨季ミランを指揮し、当時16歳の守護神を抜てきしたトリノのミハイロビッチ監督は「デビューさせるんじゃなかった」と苦笑いだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年8月23日のニュース