日本サッカー協会シンボル、八咫烏の新デザインを発表

[ 2016年3月28日 05:30 ]

日本サッカー協会の新しいシンボルマーク

日本サッカー協会新体制発足

 日本サッカー協会が新たなシンボルマークを発表した。

 三本足で知られる八咫烏(やたがらす)が描かれる基本デザインは従来通り。羽の枚数や線、角度などをマイナーチェンジして、ダイナミズムやスピード感を表現した。田嶋会長は「5年以上にわたりロゴを変える議論をしてコンセンサスを得た。単なるシンボルではなく我々の本質にあるサッカーを愛する気持ちを伝えたい」と説明した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年3月28日のニュース