浦和 金星逃すも次戦へ切り替え「悪いゲーム内容じゃなかった」

[ 2016年3月28日 05:30 ]

<日テレ・浦和>前半、ボールを競り合う浦和・猶本(右から2人目)と日テレ・阪口(同3人目)

なでしこリーグ第1節 浦和1―1日テレ

(3月27日 味フィ西)
 浦和があと一歩で金星を逃した。

 前半7分、右サイドを駆け上がったDF乗松のクロスをFW後藤が右足で決めて先制。粘り強い守備で相手の猛攻をしのいでいたが、後半29分に失点した。それでも吉田監督は「決して悪いゲーム内容ではない。もう1、2点取れるチームにしていかないと。大切なのは次の試合」と前向きに切り替えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年3月28日のニュース