アジア連盟はブラッター会長を支持、大仁会長も“同調”

[ 2015年5月29日 05:30 ]

FIFAの汚職事件について、記者の質問に答える日本サッカー協会の小倉純二名誉会長

FIFA汚職事件

 アジア連盟はブラッター会長を支持する声明を発表した。FIFA総会出席のためチューリヒ入りした日本協会の大仁会長も「今のところ、その方向」と会長選で同会長に投票する方針を示した。

 総会でFIFA理事に就任する田嶋副会長は「いつもあいさつを交わす南米連盟関係者がよそよそしかった」と事態の深刻さを明かした。一方、なでしこジャパンの試合を視察した小倉名誉会長は「多くの人が疑いをかけられておりブラッター会長の責任がゼロとは思わない」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2015年5月29日のニュース