藤春 代表初出場組で唯一フル出場!走りまくってスタミナアピール

[ 2015年3月28日 05:30 ]

<日本・チュニジア>前半、FKを蹴る藤春(右)

キリンチャレンジ杯 日本2―0チュニジア

(3月27日 大銀ドーム)
 代表初出場組では唯一フル出場となった。DF藤春は「球際は激しくいけ、と監督からも言われていたし、しっかりいこうと思っていた」と納得の表情。前半2分にFKキッカーも務め、さらに2本のシュートも放つなど攻守に見せ場をつくった。

 かつてG大阪でデビューした際は緊張のあまり腹痛を起こした。代表初合宿となった今回も出発日に腹痛気味になったという。だが、この日は「緊張はなかった」。そこには本田の助言があった。試合前に「うまくいかないのは当たり前。でもやらんより全力でやった方が良い」と励まされて気持ちが楽になった。指名されていた右CKのキッカー役を自ら清武に譲ってしまう“遠慮”はあったが、それでも十分に資質はアピールできた。

 「また頑張ります」

 50メートル5秒8の快足サイドバックは“一発屋”で終わるつもりはない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2015年3月28日のニュース