本田 4戦ぶり勝利「最高」も…またも不発で強烈ブーイング

[ 2015年3月23日 05:30 ]

ボールをキープする本田(AP)

セリエA・第28節 ACミラン3―1カリアリ

(3月21日)
 ACミランの日本代表FW本田が辛辣(しんらつ)なブーイングにさらされた。3トップ右で先発したがボールを持つたびに地元観衆から罵声が飛んだ。

 得点に絡めないまま後半25分に交代し、16戦連続無得点。チームは4戦ぶりに勝利し「最高です」とだけ話して会場を後にした。

 22日付の地元各紙は軒並みチーム最低点を付けるなど厳しい評価で、ガゼッタ・デロ・スポルト紙は「サハラ砂漠にいてもブーイングを受ける」と酷評した。23日に合流するハリルジャパンで何とか浮上のきっかけをつかみたい。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2015年3月23日のニュース