×

仙台 終了間際に同点弾!石川直「まさか右足で」

[ 2013年11月11日 06:00 ]

<仙台・浦和>試合終了間際、同点ゴールを決め、角田(左)と抱き合って喜ぶ仙台・石川

J1第31節 仙台3―3浦和

(11月10日 宮城ス)
 仙台は2―3の試合終了間際、FKのこぼれ球を石川直が蹴り込んで追い付いた。

 利き足と逆の右で鋭いシュートを決めた石川直は「まさか右足であんなにいいシュートが打てるとは」と喜色満面。相手は勝てば首位浮上の状況だった。手倉森監督は「首位奪取を目指す浦和に対し、激しいゲームを挑もうと話していた。意地は見せられた」とうなずいた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2013年11月11日のニュース