横浜 俊輔不在響き…本拠地初黒星、首位はキープ

[ 2013年11月11日 06:00 ]

<横浜・名古屋>前半、ドリブルで攻めこむ斉藤だが、名古屋DF陣が立ちはだかる

J1第31節 横浜1―2名古屋

(11月10日 日産ス)
 中村を欠いた横浜が今季無敗だったホームで名古屋に初黒星を喫した。

 前半8分にPKで先制されて連続完封記録が5試合で途絶え、後半6分に一度は追いつきながら2分後に失点。左足首痛を抱えながらフル出場でアシストを記録した斎藤は「もっとやらなきゃという感じ」と振り返った。

 胆のう炎からの復帰を目指す中村が今季初めて欠場。精神的支柱でもあるエース不在で微妙なズレが生じて攻守にいつもの連動性を欠き、富沢は「共通認識のなさ。そこに尽きる」と漏らし、中沢は「俊(中村)がいるときと同じようなサッカーをしたのが反省」と嘆いた。それでも勝ち点2差だった2位・浦和が引き分け、首位は守った。23日の磐田戦は中村の復帰も見込まれ、GK榎本は「ズルズルいかないようにしたい」と訴えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年11月11日のニュース