俊輔 10日名古屋戦アウト…胆のう炎から回復間に合わず

[ 2013年11月7日 06:00 ]

先月27日の大分戦を終え、渋い表情で引き揚げる横浜のMF中村

 胆のう炎で入院している横浜のMF中村俊輔(35)が、10日のホーム・名古屋戦を欠場することが決定的となった。1日に入院して絶食しながら点滴と抗生剤治療を受け、5日から流動食で食事を開始。順調なら一両日中にも退院する見通しながら、体力回復には数日を要するとみられ、名古屋戦の出場は絶望的だ。

 今後について樋口監督は「ケガではないので退院したら合流できると思う。そこは心配していない」としながらも「体重、筋力がどれぐらい落ちてるか。筋力が落ちている状況でやるとケガが怖い」と慎重だった。中村は今季リーグ戦全試合に先発し、自身初の2桁得点を記録するなど首位の横浜をけん引。今季初めて司令塔抜きで戦う名古屋戦に向け、MF富沢は「勝って戻ってきてもらいたい」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年11月7日のニュース