ガラタサライ 敵地で3失点零敗…CL4強は絶望的に

[ 2013年4月5日 06:00 ]

Rマドリードに惨敗し力なくピッチを去るドログバ(右手前)らガラタサライ・イレブン

欧州CL決勝T準々決勝第1戦 ガラタサライ0-3レアル・マドリード

(4月3日)
 ガラタサライは敵地で3点を失って零敗。クラブ初となる準決勝進出は絶望的となった。

 テリム監督は「地元に希望を持ち帰りたかったが…。前半に得点が生まれていれば状況は変わった」。前半12分にドログバがターンから左足を振り抜いたがゴール上に外し、同44分にはエブエがワンツー突破からシュートを放ったが阻まれるなど、決定機を生かせなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2013年4月5日のニュース