INAC星川監督 男子の指導者へ意欲「僕のゴールはここじゃない」

[ 2012年12月18日 09:00 ]

今季限りでの退任が明らかになったINAC神戸の星川監督

 なでしこリーグの常勝軍団、INAC神戸の星川敬監督(36)が今季限りで退任することが17日、分かった。チームには既に意向を伝え、了承されており、近日中にも発表される。

 星川監督は9月のリーグ杯決勝戦で日テレに敗れた直後、辞任の意向を示唆。チームからも強く慰留され続投の意欲を示す時もあったが、「僕のゴールはここ(女子サッカー)じゃない」と、常に男子サッカーの指導者への意欲を示していた。

 その一方で、バルセロナ・レディースなど複数の欧州の女子クラブから来季の監督就任の話が来ているという。星川監督は男子のバルセロナのサッカーに心酔しており、INAC神戸のサッカーもポゼッションを強く意識した「女性版バルサ」を目指していた。「男女にかかわらず海外で仕事をすることは自分にとっては貴重な経験になる」とも話しており、本場でさらに腕を磨くことが濃厚だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年12月18日のニュース