JFL降格町田に救済措置…「理念推進費用」導入提案

[ 2012年11月14日 06:00 ]

 J1、J2合同実行委員会が13日に都内で行われ、今季J2最下位でJFL降格が決まった町田の救済措置などが話し合われた。

 Jリーグ加盟には育成組織の設置などが義務づけられるが、降格した場合、それらの維持費を一定期間Jリーグが補償する「理念推進費用」の導入が提案された。町田はJクラブライセンスの一部を保持するため、J準加盟ではなくJ準会員という新たな名称で呼ばれることになる。また将来的には、JFLでもなく、Jリーグの3部リーグでもないJリーグ加盟を希望するクラブで構成される「準会員リーグ」の設立を模索していく案も初めて提案された。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年11月14日のニュース