ホーム5戦白星無し…G大阪サポが居残り“ろう城”

[ 2012年5月26日 06:00 ]

<G大阪・鳥栖>スタンドに居残ったサポーターに苦渋の表情でチームについて語るG大阪・金森社長

J1第13節 G大阪2-3鳥栖

(5月25日 万博)
 悪夢の2点差逆転負けに、G大阪サポーターの怒りが頂点に達した。

 試合後、500人がバックスタンドに居残り“ろう城”。金森喜久男社長が対応したものの、責任を問うサポーターの声に、社長は根拠のない「大丈夫! 大丈夫です」の一点張り。政治家ばりの大演説は火に油を注ぐだけで、最後は「辞めろ! 辞めろ!」の大合唱で締められた。

 怒るのも無理はない。前半3分に先制し、後半22分にも追加点。今季最高の内容といっても過言ではなかった。しかし1分後に失点すると崩壊。同点に追いつかれ、ロスタイムに逆転される最悪の結果を招いた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年5月26日のニュース