小倉会長“Jリーグ8月開幕”を正式に提案

[ 2012年5月10日 06:00 ]

 日本サッカー協会の小倉純二会長は9日、Jリーグの日程を現行の3月開幕から8月開幕へ変更することをJリーグ側に正式に提案したことを明かした。14年からの移行を目指しており、そのためには来年の日程も大幅に変更する必要がある。

 Jリーグの中野専務理事は「(今年の)夏までには(方向性を)出さないといけない」とした。また日本協会側は各クラブに若手選手の強化を目的とし、U―23選手に限り、選手登録期間を撤廃するなど移籍ルールの緩和案も提案したという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2012年5月10日のニュース