3失点完敗…自らを責めるビエルサ監督「私の責任」

[ 2012年5月10日 10:33 ]

アトレチコ・マドリードに完敗し、厳しい表情のビルバオのビエルサ監督

欧州リーグ決勝 ビルバオ0―3アトレチコ・マドリード

(5月9日 ブカレスト)
 前身の欧州連盟(UEFA)カップを含め、35季ぶりに決勝に進んだビルバオは完敗。ビエルサ監督は「うまく守れず、攻めもまずかった。もっとできたはず。私の責任だ」と険しい表情だった。

 スペインのバスク地方に縁のある選手だけで構成するチームが、緻密な戦術家として知られる指揮官が今季就任して躍進。迫力ある攻撃でマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)などを退けたが、この日は若いムニアインらロンドン五輪のスペイン代表候補が精彩を欠き、エースFWジョレンテも封じられた。優勝を逃し、ムニアインらはぼろぼろと涙を流した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年5月10日のニュース