G大阪 奇跡の突破だ!新戦力の星原&エドゥワルド帯同

[ 2012年5月1日 06:00 ]

ACL1次リーグE組 G大阪―浦項

(5月1日 スティールヤード)
 G大阪は2日のACL・アウェー浦項戦に向けて30日に韓国入りした。ドロー以下で1次リーグ敗退が決まる中、FW星原と新助っ人DFエドゥワルドが今季初の遠征帯同。松波監督は奇跡の突破へ意気込んだ。

 「最後まで混戦になれば可能性はあると思う。その可能性を残すためにも勝ち点3を取る」。4月28日の鹿島戦で96年以来となる5点差負けを喫したショックは大きいものの、「1、2点取られても落ち着いて自分たちのサッカーをしよう」と試合翌日のミーティングで選手たちを諭した。「星原は試合の中で変化を付けられる。エドも左右両方のサイドバックができる」と新戦力に起爆剤としての期待を託した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年5月1日のニュース