トンネル脱出へ、G大阪・松波監督“ヤットを前線に”

[ 2012年3月30日 06:00 ]

 G大阪は31日の新潟戦に向けて完全非公開練習を行った。練習前のミーティングでは選手、スタッフを集め「もう一回全員で戦っていこう」と団結を促した松波新監督は、2日続けて紅白戦などを実施。攻撃面の改革にも着手したようで「ヤット(遠藤)が前で絡めるような状況をつくりたい。自然とそういう形ができれば」と話した。

 開幕から公式戦5連敗で総得点はわずか4。司令塔を前線に押し出すことが打開の糸口になると指揮官は分析したようだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年3月30日のニュース