ドルトムント 契約延長は香川返事待ち…年俸倍増提示か

[ 2012年3月30日 18:17 ]

 サッカーのドイツ1部リーグ、ドルトムントのツォルク強化部長が、来年夏で契約が切れる日本代表MF香川真司との延長交渉について、香川側からの回答を待っている状態であると明らかにしたことを、ドイツの大衆紙ビルトが30日付で伝えた。

 同紙の記事は「香川はいつサインするのか」という見出し。ドルトムントが提示したのは2016年までの契約で、香川の年俸は現在の約150万ユーロ(約1億6350万円)から約300万ユーロ(約3億2700万円)に倍増の見込みとしている。同強化部長は「今、ボールは彼のもとにある。ピッチの上と同じように、彼はボールをゴールに蹴らなければならない」と話している。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年3月30日のニュース