堅守速攻際立つ磐田 3位に浮上

[ 2012年3月25日 22:57 ]

<G大阪―磐田>前半、攻め込む磐田・山本康
Photo By スポニチ

J1第3節最終日 磐田2-1G大阪

(3月25日 万博)
 磐田は開幕から好発進し、3位に浮上した。G大阪にはボールキープで劣り、シュートも相手の11本に対し、5本。それだけに、堅守速攻が際立った。

 現役時代に所属したチームへの勝利でもあり、森下新監督は「本当に感慨深い。攻撃のバリエーションを増やして、より上を目指したい」と自信を深めた様子。先制点を奪った山本康は「まだまだ。監督もそう思っているでしょう」と話し、完成度を上げる余地があることに自信をのぞかせた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月25日のニュース