G大阪ドロ沼5連敗…スタンドには「弱すぎ」の垂れ幕も…

[ 2012年3月25日 21:17 ]

磐田に敗れ開幕3連敗となり、ぼうぜんとする遠藤(左端)らG大阪イレブン

J1第3節最終日 G大阪1―2磐田

(3月25日 万博)
 G大阪が磐田に1―2で敗れ、開幕3連敗を喫した。これでACLも含めシーズン開幕から5連敗。

 G大阪は前後半で失点し、終盤に1点を返すのがやっとだった。スタンドに「弱すぎ」の文字が刻まれたサポーターの垂れ幕が掲げられ、進退問題が浮上しかねない指揮官の「チームに良い変化は見られる。必ずこの状況は覆せる」との言葉がむなしく響いた。

 新体制の5戦目で先発の布陣は5通りと迷走が続く。ある主力は「戦術もキャンプでやってきたのと今では全然違う」と困惑気味。ミーティングは精神論に終始し、別の選手も「何が言いたいのか分からない」と言うように、求心力の低下は明らかだ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月25日のニュース