×

カレン&麻也 欧州初アベック弾!VVV半世紀ぶり4連勝

[ 2012年3月5日 06:00 ]

NAC戦で逆転ゴールを決め喜ぶVVVフェンロの吉田(右)

オランダリーグ VVVフェンロ2-1NAC

(3月3日)
 VVVフェンロのカレン・ロバートと吉田麻也がアベック弾を決め、2―1の逆転勝利に貢献した。欧州主要リーグの同一クラブに所属する日本人選手が同じ試合でそろってゴールを決めるのは初。

 現在はフィテッセの安田とハーフナー、シュツットガルトの岡崎と酒井が同一クラブに所属。過去にもセルティックの中村俊輔(現横浜)と水野晃樹(現柏)らが同じチームでプレーしたが、同一試合でのゴールはなかった。

 1点をリードされた後半40分、カレンはFKを相手GKがはじいたところをスライディングで押し込み2戦連発。「GKのいないところに思い切って打った。相手のミスだが、ああいうので試合は変わるんだなとあらためて思った」と喜んだ。

 その2分後に今度は吉田がFKのこぼれ球を左足で決めて勝ち越した。今季4点目に吉田は「結果を出せて良かった。今季に限って言えば凄く大きな勝ち点3」と笑みをこぼした。チームは半世紀ぶりの4連勝を飾ったが、いまだ降格圏の16位に低迷。アベック弾で弾みをつけた日本人コンビが降格圏脱出を目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2012年3月5日のニュース