神戸 首位との差痛感…「個々の質の差を感じた」

[ 2011年8月28日 21:50 ]

J1第24節 神戸0-4G大阪

(8月28日 ホームズ)
 5戦負けなしと好調の神戸だったが、攻守に良いところなく完敗。好機でシュートは枠を大きく外れ、運動量の低下は大量失点を招いた。和田監督も「1位のチームに何とか引き分けでもと思ったが、個々の質の差を感じた。うちはミスが出るたびに弱気になっていた」と脱帽した。

 今季最多の4失点。DF北本は「李根鎬の動きだしがすごかった。パスの精度、3人目の動き…。やっぱり強いチーム」と今季2敗した相手をたたえた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年8月28日のニュース