遠藤、貫禄の同点アシスト!強行先発もフル出場

[ 2011年8月14日 06:00 ]

<C大阪・G大阪>前半、、シュートを放つG大阪・遠藤

J1第21節第1日 G大阪1-1C大阪

(8月13日 長居)
 日本代表の先輩としての貫禄を見せつけた。G大阪の大阪ダービーでのリーグ戦不敗記録を「13」に更新する貴重な同点弾をアシストしたのは日本代表MF遠藤だった。

 強行出場だった。先制点を演出した10日の日韓戦でスタメン出場。翌11日にチームに合流したが、西野監督は「状態は良くない。全体的に疲労感がある。下肢に強い張りがある」と話し、2日連続で別メニュー調整を命じた。それでも本人は「ピッチに入れば関係ない」とキッパリ。緩急を織り交ぜたパスで、ほぼ90分間、ペースを握り続けた。これでチームは暫定3位浮上。首位・名古屋との次戦に向け、遠藤は「次はいい相手なんで」と打倒・昨季王者に気持ちを切り替えた。

 ≪大阪ダービー、G大阪11戦負けなし≫大阪ダービーは1―1の引き分け。03、05年の天皇杯、今季のACLではC大阪が勝利しているが、リーグ戦はG大阪が03年第2ステージから11試合負けなし(9勝2分け)となった。これでカップ戦も含めた通算成績はG大阪の20勝4分け11敗となった。ちなみに、35試合戦ってゴールシーンがない0―0のドローは1試合もない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年8月14日のニュース