宮市来季残留か…弟もフェイエユース練習参加へ

[ 2011年3月15日 06:00 ]

試合後、日本の被災者に向けて「1人でも多くの人が救われますように」とメッセージが書かれたシャツを着るフェイエノールトの宮市

 フェイエノールトのFW宮市が13日、ホームのNAC戦に6試合連続で先発してフル出場し、2―1での3連勝に貢献した。

 東日本大震災の被災者を悼み、同僚とともに喪章をつけてプレーした宮市について、ベーン監督は「本人から喪章をつけたいと申し出があった」と説明した。14日付の地元紙テレグラフは、宮市が来季はレンタル元のアーセナルに戻らず、残留する可能性があると報道。また弟・剛がフェイエノールトのユースに練習参加すると伝えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年3月15日のニュース