U―22代表が集合 4日から中東遠征へ

[ 2011年2月3日 19:08 ]

 ロンドン五輪出場を目指すサッカー男子のU―22(22歳以下)日本代表はサウジアラビア、バーレーンとの強化試合のため、4日に出発する。チームは3日、千葉県成田市内に集合。関塚監督は6月のアジア2次予選を見据え「どこと対戦するかは分からないが、6月のシミュレーション」と中東遠征を位置付けた。

 FW永井(名古屋)ら昨年11月の広州アジア大会優勝メンバーに、昨季のJリーグ・ベストヤングプレーヤー賞に輝いたMF宇佐美(G大阪)ら新顔が加わった。チームは9日にサウジアラビア、12日にバーレーンの両U―22代表と親善試合を行う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年2月3日のニュース